ATF・CVTF圧送交換 【トルコン太郎】

ATF(オートマオイル)交換の必要性

ATF(オートマオイル)は一般的なオイルの役割である潤滑以外にも動力の伝達、冷却、そして変速を実際に行う作動油として担う重要な役割です。さらに近年のギアの多段化、高性能化が進むにつれて重要度が増しています。

ATF(オートマオイル)を長期間交換せずにいて、トランスミッションが故障してしまった場合は修理や交換に多額の費用が掛かります。このような故障のことを考えると、ATFを交換した方が故障のリスクを下げることができます。

ATF(オートマオイル)が劣化してきた具体的な症状としては

・変速ショックがスムーズでなく、振動がする。

・シフトをD入れるとショックがある。

・特定のギアに変速するとショックが出る。

・変速時に滑る感じがする。

こういった症状はATF劣化によるものが多いので、ATFをしっかりと交換し、性能を改善する可能性が大いにあります。また交換によって内部のスラッジを取り除きベストな状態を保つ事でトラブルを避け、フィーリングや燃費の改善、またA/T自体の寿命を伸ばしてあげる事ができます。

当社ではATF&CVTFチェンジャー【トルコン太郎】を導入しております。

輸入車で圧送交換をお考えのお客様は是非ご相談下さい。

特に輸入車はATF圧送交換作業ができる工場が限られる中、弊社では輸入車をメインにATF圧送交換をしております。

もちろん国産車もATF、CVTFの圧送交換ができますので是非お問い合わせください。

【トルコン太郎】とは

ATFの交換は従来、古いオイルを抜いてから新しいオイルを入れるといった循環式しかなくATFを交換しても汚れを取り切れることはほぼできない作業でした。トルコン太郎は、圧送式という方法で交換ができ、新油に近い状態にすることができる機械です。圧送式とは、オートマオイルの通路にトルコン太郎を接続して、エンジンをかけながら古いオイルを抜き取り、新油を充填しながら交換をする方法です。交換後は自動的にミッション洗浄に切り替わり、内部の汚れを回収します。
オイルパン内部のスラッジを巻き上げないのでミッションに悪影響を与えないので交換率の高い理想的な交換方式です。

しかも、トルコン太郎のモニターでオイルの汚れ具合を確認できるようになっていてお客様も納得できます。

専用アダプターも用意しております

トルコン太郎と接続を可能にする、弊社ではこのアダプターを多数所有、多くのメーカー・車種で圧送交換が出来るように順次取り揃えていますが、全てのメーカー、車種までは取り揃えておりませんのでATF圧送交換を検討されているお客様は是非お問い合わせください。

他店で圧送交換できないと断られてしまったお客様もお気軽にご相談下さい。

おすすめの記事